ce5e69dd

蔦屋の煽り文だよりで借りてみた。煽り文で借りたのは初めてだけど、面白かったから、今後は、たまに煽り文頼りで借りようと思う。
内容は原発事故を主軸にテレビクルーとその周りの人達の騒動を描いた映画で、一見反原発映画だと思うかもしれなけど、実際は隠蔽体質な権力に対する批判で、そう感じるようなエンディングになっている。
chinasyndrome

見どころは、上のおっさんの演技と権力に挑む登場人物達の行動かな、それから、途中原発が壊れそうになる場面があるんだけど、最近の映画と違ってジオラマだから、すごい特撮チックで、ウルトラマンを思い出したね。
この映画、〇〇シンドロームという言葉が使われるようになったきっかけらしい。因みにチャイナ・シンドロームはアメリカの原発がメルトダウンしたら燃料棒が中国に着くというブラックジョークらしいよ。
最後に吹き替え版は収録されてないから、要注意、個人的には、吹き替えがみたいと思った作品。